岬生ブログ🚗💨Macan GTS

こんにちわ!田中岬生です!

自分の乗っているシビックのエアコンコンプレッサーが煙をモクモク出しながら壊れてしまったので

これから来る猛暑をどう乗り切ろうか考えていたところです。。。

コンプレッサーってリビルドでも結構高いもんなんですね。。。

 

さて今日はMacan GTSのspiderホイールのガリ傷修理です。

ガリ傷はぱっと見た感じでは目立たないことも多いと思いますが、一度気になってしまうとそこにばかり目が行ってしまう方も多いのではないかと思います。

そんな時でも、ご安心ください!極端な歪み、大きなえぐり傷でなければ修理できます。

例えば、こんな傷。。

これくらいの傷ならお任せください!

元傷が分からないくらいに直せます!

まずは、傷がついた際に出るバリやとがってギザギザしている部分を削って落とします。

まだこの時点では、まだ傷が目立っています。

この傷をさらに目立たなくするため、やすりの番手を上げて形を整えていきます。

すると少しずつ、目立たなくなってきました。

さらに、形を整えていきたいところですが、これ以上はホイールの形が変わってしまうため、削りはここまで。

次にパテを盛っていきます。

傷の大きさによって、パテの種類を変えます、今回はまだ浅めなのでこちらのパテになります。

ちょっと硬化に時間がかかるので、ほかの作業をしつつ、様子見。。。

固まったら、丁寧に形を整えていきます。

もうこの時点で傷は見えなくなりました。

この後、塗装の下処理をして色を入れていきます。

色を入れるともう気づかないくらいになっています。

このような一連の作業によって、ホイールのガリ傷は治させていただいています。

 

もし万が一、ホイールを縁石やタイヤ止めなどで傷けてしまった際はご相談いただければ、お客様のご要望に合わせて最善の提案をできると思いますので、

ご相談お待ちしています。


コメントは受け付けていません。