岬生ブログ🚗💨MercedesBenz G 350 d manufaktur Edition

こんにちは!田中岬生です!

先日、お休みを頂いていたので、久しぶりに両親と食事に行ってきました。

その帰りに、父親が誕生日のお祝いとして、makitaのインパクトドライバーを買ってくれました。

自分で車をいじることの多い自分にとって最高のツールです。

先っちょにLEDがついていて、仕事終わりの暗い中の作業が捗ります。

 

 

そんなことはさておき、今回のブログはG 350 d manufaktur Editionについてです。

G 350 d manufaktur Edition「G 350 d」をベースモデルにした特別仕様車で

外装は、ボディカラーにカタログモデルでは設定がない「ダイヤモンドホワイト」と「ジュピターレッド」

が用意されています。

今回ご紹介するのは「ダイヤモンドホワイト」のG 350 d manufaktur Editionです。

どこか、かわいらしい雰囲気がわずかに漂っています。

それは、カラーリングがパンダを連想させるからなのでしょうか。

サイドミラー、フロント&リアのバンパー、ホイールアーチ、フロントグリル、

ルーフ、前後エンブレム、スペアタイヤカバーがオプシディアンブラックで塗られており、さらに

ヘッドライト、フロントウインカー、リアコンビネーションランプはブラックスモークであしらわれています。

これにより、白と黒のコントラストがはっきりし、かっちりした印象になります。

ホイールも20インチAMGマルチスポークアルミホイールのブラックペイントされている物が取り付けられています。

ちなみに、知っている方もいると思いますがAMGの名前の由来は、創設した二人のエンジニア

Aufrecht(アウフレヒト)のA、Melcher(メルヒャー)のM、そしてアウフレヒトが育った地、

Großaspach(グローザスバッハ)のG。これら3つの単語を組み合わせた「AMG」からなっているようです。

Melcherさんの育った地はどうしたのだろう。。とは思いますがさておき。

Benzの歴史は調べれば調べるほど深くて濃いので車好きにとってはとても面白いです。

 

G 350 d manufaktur Editionはサイドのモールにも少し変わっているところがあり、

ラバーになっている部分の両脇が白く縁取るようにペイントされています。

 

 

お買い上げいただいた、お客様のご要望によりレーダー探知機&ドライブレコーダーの取り付けと

テレビキャンセラーの取り付けをを致しました。

テレビキャンセラーの取り付けに伴いセンターコンソールを丸ごと外しての作業となりました。

配線などは内装の内側に隠しこむことですっきり仕上げることが可能になります。

こちらの作業はお車を持ち込み頂いての作業も承っておりますので、是非お問い合わせください。

 

今日、ご紹介した車両はご納車前のカスタムがまだ残っていますのでカスタムが終わり次第再度ご紹介します。

今回はこれで失礼いたします。

 


コメントは受け付けていません。