岬生ブログ🚗💨Bentley Flying Spur First Edition

こんにちは!田中岬生です!

今日、年始から通っていた教習所で卒検があり、無事受かりました。一安心でした。

しばらく練習をしてからになると思いますが、もしご納車お引取りなどの際、機会がありましたら

宜しくお願い致します。

 

今日も入庫してきました車両をご紹介していきたいと思います。

今回の車両は、Bentley Flying Spur First Editionです。

外装のカラーは、「Damson」という色で、ダムソンといい日本語に訳すと「プラム」という

意味みたいです。

流石、英国って感じです、自分だったらナスとかブドウって色名にしちゃいそうです。。

それだと、お洒落のかけらもないですからね。。

とても綺麗でいい色というのは間違いないのですが。

この色は、夜と昼間では全く違った別の顔を見せてくれそうです。

このフライングスパーで最も驚いたのはこのヘッドライトの造りこみです。

中のリフレクターのようなものが精密にカットされていてライトを点灯せずとも常に輝きを放っています。

高級ホテルのロビーにぶら下がっていてもおかしくないです。。。これは言いすぎですね。

このヘッドライトは「マリナーパッケージ」を選択すると装着されています。

Bentleyではマリナーパッケージとよく耳にしますが、マリナーとは何なのか、気になります。

マリナーとはベントレーの本社における注文制作部門に名称で、450年の歴史を持つボディ製造工房の

「H.Jマリナー」を筆頭とするマリナーファミリーを示しているらしいです。

ずっと気になっていたので,すっきりしました。

センターコンソールのつまみやエアコンの吹き出し口の周りがダイヤモンドナーリング加工されていて、

エレガントな雰囲気を醸し出しています。

この加工はとても難しいようで、建築業界で一般的に使用されている最先端のデザインソフトウェアを

初めて自動車の分野で使用し、完成させたということです。

当初、20を超える世界有数のパーツメーカーから「この加工は無理だ」と言われてたみたいです。

見る角度によってこのカットの見え方が変わってくるのがとても面白いです。

First Edition にしか装着されないスカッフプレート、イギリスの国旗をモチーフにしたマークが入っています。

外装の色ととてもよく合っているベージュ系の色でとても柔らかな質感になっています。

外装の色など実際に見る色と写真では違う部分が少なからずあると思うので、実際に見ていただきたいです。

 

是非気になった方がいらっしゃいましたらご連絡ください。

こちらの車両は麻布店に展示しております。

 

今日はこの辺りで失礼いたします。

 

 

 

 


コメントは受け付けていません。