岬生のブログ🚗💨ダストレスブレーキパッド

こんにちは!田中岬生です!

台風近づいてる影響もあってか雨が降ったりやんだりと変な天気が続きますね。

さっきまでカンカン照りの晴れだったのに、30分後にはバケツをひっくり返したような雨が、、、なんてこともしばしば。

洗車のタイミングやお客様のお車の移動も天気との睨めっこです。

 

さて今回はブレーキパッドのことについて、書こうかなと思います。

ブレーキは車に最も重要な「走る、曲がる、止まる」の要素の一つであり、とても大切になってきます。

ですが、輸入車で特に多くみられる大量のブレーキダスト。

こいつに悩まされてる方、多いのではないでしょうか。

ブレーキダストはホイールに焼き付いて取れなくなってしまい、ホイールその物の景観を崩す原因になりかねないです。

または、足回りにおける錆の発生源になりかねないです。

というのも、ブレーキダストの多くはブレーキをかけたときに発生する摩擦により削れたローターディスクのカスです。

そのため、多くを占めているのは、鉄粉です。

パッド側から出るカスは、粒子がとても細かいため走行中にほとんどが吹き飛んで行ってしまいます。なのでホイールを洗う際は鉄粉取りで

洗ってみるのもいいかもしれません。

 

でも、そんなことはしてられない!何かいい手はないのか。そんな方に。

当店では、ダストレスブレーキパッドをお勧めしております。

ダストレスパッドにすることでブレーキダストを大幅に削減できます。

ですがパッドとローターをこすり合わせて車を止めていることに変わりわないので0にはできません。ご承知ください。

車検や点検の際、パッド交換の機会などに、事前に一言頂ければダストレスパッドに交換することも可能です。

ベンツですとGクラスやSクラスの重量が重い車は他車種に比べてダストが出やすくダストレスパッドを入れた際の効果が大きく出ると思います。

一度試してみるのもいいかもしれません。

ご来店、お電話お待ちしております。

 

 

 

 


岬生ブログ🚗💨欧州車のモールクリーン

こんにちは!田中岬生です!

 

もう8月になるというのに明けない梅雨にはもううんざりです。

さらに、流行り続けるコロナに左右される日々ももうそろそろ終わりが来てほしいものです。

是非ご来店いただく際には、マスクの着用と入り口に置いてあります、消毒液で手指の消毒をご協力ください。

ご面倒ではありますが、新型コロナウイルス感染拡大対策の為宜しくお願い致します。

 

さて今日は、欧州車のアルミモールによくみられる、白錆について書かせて頂きます。

 

このように、欧州車のアルミモールは国産車とは違い、アルミ合金にアルマイト加工を施したもので走行中の雨などにより少しづつ

虫歯のように浸食されていきます。

このように、なってしまったモールはケミカル洗剤で洗っても落ちません。

この白いくすみに悩まされている方も多いのではないのでしょうか。意外と目に触れる部分ですからどうにかしたいと思うと思います。

結論から行くと、ここまで綺麗になります。

新品同様の艶と輝きが蘇ってきます。

結構気合のいる作業でした。。

まず、モールの汚れをおおまかな汚れを落とし、その後2000番くらいのペーパーを当て、コンパウンドで磨きます。

大事なのがこの後です。

磨き終わって、綺麗になったのはいいのですがこのままだと素地がむき出しでまた白くくすんできてしまいます。

なので、ガラス系のコーティング剤で保護します。ガラス系のコーティング剤は硬化に時間がかかるので注意が必要です。

コーティングも日が経つと薄くなくなってきますので、定期的に塗ってあげるといいと思います。

 

また、新車でご購入された場合など、綺麗な状態のモールにはコーティングも効果的ですが、プロテクションフィルムの施工もオススメしております。

プロテクションフィルムですと、コーティングより何倍も厚いので耐久性、モールの保護の面で優れていますので、納車時などご相談ください。

 

このほかの、ラッピングや磨き&コーティングも承っておりますので是非ご相談ください。お待ちしております。

 

 


岬生ブログ🚗💨Mercedes Benz G350d

こんにちは!田中岬生です!

朝車に乗ろうとしたら、バッテリーが上がっていて無茶苦茶焦りました。

後付けのフォグランプつけっぱなしになっていました。

ますます、ぽんこつ感が出てきちゃいました。。。しっかり治そうと思います。

 

さて今回の話題は、Mercedes Benz G350dをご納車させて頂きますのでご紹介いたします。

個人的に色がめちゃくちゃ好みで自分の車にオールペンしようかと真剣に思ってしまうくらいいいカラーだと思いました!

「モハーベシルバーメタリック」

モハーベとはカリフォルニア州にある砂漠の名前から由来してそうですね。

淡いシャンパンゴールドのような、色で派手過ぎず、大人しすぎずなんとも上品なカラーだと思います。

光の当たっている部分と影の部分のメリハリがG classの角ばったボディラインと相まってよりメタリックの良さを引き出しています。

全体的に見ても、締まっていてすごくまとまっています。

良い色過ぎて、ずっと見ていられます。

ドライブレコーダー、レーダーを取り付けさせて頂きました。

このご時世ですから、ドライブレコーダーが取り付けられているだけでも多少の安心は得られるかもしれません。

レーダーも最近では高性能なものも多くあり、公衆トイレの位置まで教えてくれます。

メタリックがとてもいい輝きを放っています。

 

 

お客様にご満足いただくるよう、最善を尽くしてご納車させて頂きますので、ご納車までもう少々お待ちください!

 


岬生ブログ🚗💨Mercedes-Benz G 350d (2)

こんにちわ!田中岬生です!

昨日途中だった、ブログの続きを書かせて頂きます。

 

Mercedes-Benz G 350d のグリル交換完了いたしました!

こちらのグリルを装着しました。

横三本のフレームではなく、縦にメッキのフィンが入っています。

これが「パナメリカーナ グリル」です。

 

だいぶイメージが変わったかと思います、写真を撮り忘れてしまったのですがこのライト周りのカバーもほんの少しですが、形状が

変わっていました。

👇交換前の比較画像入れておきます!!

フロントエンブレムの上にあるカメラのボディも形状がスタイリッシュになっていました。

フロントグリルが変わるだけで全体のイメージにより高級感が出ますし、ほかの車にはない特別感が出ると思います。

 

G classは昔から形を変えないSUVとして有名です。

Gクラスはもともと軍用車として開発された車なので、ドアのストライカーのいかにも頑丈そうな音や外にむき出しのドアのヒンジ、

初代Gクラスから継承されている武骨なボディですが、その見た目とは裏腹に高級感のある内装で実用性もあり、とてもおすすめな一台です。

 

当社では、今回のような、グリルの交換はもちろん、ボディキットなどの取り付けも承っておりますので、是非お問い合わせください。

SHOWROOMでお待ちしております。

 

 

 


岬生ブログ🚗💨Mercedes-Benz G 350d

こんにちわ!田中岬生です!

 

何日かブログ更新できなくてすみません。

お客様に楽しみにしていただいてるとの、お声を頂いたので気合入れて頑張ります!

自分の書いてるブログがお客様に少しでも読んでいただけているのがすごく嬉しかったです。

 

さて今日は、Mercedes-Benz G 350dのグリルをG63のパナメリカーナグリルへの交換のご依頼の紹介です。

元々Mercedes-Benz G 350dのグリルは横にフレームが入っていますが、G63のグリルは縦にフレームが入っていますので、見た目のイメージチェンジになると思います。

このように、G 350dには三本の横フレームが入っています。

今までのG classの見た目を引き継ぎつつ新しくなったこのグリルもG classらしくかっこいいのは間違えないですが、

G 63の現行に初めて装着された「パナメリカーナ グリル」が今熱いです。

「パナメリカーナ グリル」のルーツは1959年に行なわれた伝説の公道レース「カレラ・パナメリカーナ・メヒコ」で優勝した

300SLレーシングモデルのグリルに装着されていたのがこの縦フィンだったのでそのデザインはメルセデス最強モデルの証として

デザインに採用されたみたいです。

300SLレーシングモデルがこれです。

こんな余談は置いておいて、G classのグリル交換の工程を少しだけご紹介いたします。

タイヤハウスのライナー、オーバーフェンダー、バンパーを外してからグリルが外れるのでこんな感じです。

ヘッドライト回りのビスは見えないところにあるので落とさないように細心の注意を払います。

こんな感じです。

明日、「パナメリカーナ グリル」を取り付けします。

 

完成形を明日のブログでアップしますので、楽しみにしていただけると嬉しいです。