岬生ブログ🚗💨Macan GTS

こんにちわ!田中岬生です!

自分の乗っているシビックのエアコンコンプレッサーが煙をモクモク出しながら壊れてしまったので

これから来る猛暑をどう乗り切ろうか考えていたところです。。。

コンプレッサーってリビルドでも結構高いもんなんですね。。。

 

さて今日はMacan GTSのspiderホイールのガリ傷修理です。

ガリ傷はぱっと見た感じでは目立たないことも多いと思いますが、一度気になってしまうとそこにばかり目が行ってしまう方も多いのではないかと思います。

そんな時でも、ご安心ください!極端な歪み、大きなえぐり傷でなければ修理できます。

例えば、こんな傷。。

これくらいの傷ならお任せください!

元傷が分からないくらいに直せます!

まずは、傷がついた際に出るバリやとがってギザギザしている部分を削って落とします。

まだこの時点では、まだ傷が目立っています。

この傷をさらに目立たなくするため、やすりの番手を上げて形を整えていきます。

すると少しずつ、目立たなくなってきました。

さらに、形を整えていきたいところですが、これ以上はホイールの形が変わってしまうため、削りはここまで。

次にパテを盛っていきます。

傷の大きさによって、パテの種類を変えます、今回はまだ浅めなのでこちらのパテになります。

ちょっと硬化に時間がかかるので、ほかの作業をしつつ、様子見。。。

固まったら、丁寧に形を整えていきます。

もうこの時点で傷は見えなくなりました。

この後、塗装の下処理をして色を入れていきます。

色を入れるともう気づかないくらいになっています。

このような一連の作業によって、ホイールのガリ傷は治させていただいています。

 

もし万が一、ホイールを縁石やタイヤ止めなどで傷けてしまった際はご相談いただければ、お客様のご要望に合わせて最善の提案をできると思いますので、

ご相談お待ちしています。


岬生ブログ🚗💨Mercedes-Benz G 350d (2)

こんにちわ!田中岬生です!

昨日途中だった、ブログの続きを書かせて頂きます。

 

Mercedes-Benz G 350d のグリル交換完了いたしました!

こちらのグリルを装着しました。

横三本のフレームではなく、縦にメッキのフィンが入っています。

これが「パナメリカーナ グリル」です。

 

だいぶイメージが変わったかと思います、写真を撮り忘れてしまったのですがこのライト周りのカバーもほんの少しですが、形状が

変わっていました。

👇交換前の比較画像入れておきます!!

フロントエンブレムの上にあるカメラのボディも形状がスタイリッシュになっていました。

フロントグリルが変わるだけで全体のイメージにより高級感が出ますし、ほかの車にはない特別感が出ると思います。

 

G classは昔から形を変えないSUVとして有名です。

Gクラスはもともと軍用車として開発された車なので、ドアのストライカーのいかにも頑丈そうな音や外にむき出しのドアのヒンジ、

初代Gクラスから継承されている武骨なボディですが、その見た目とは裏腹に高級感のある内装で実用性もあり、とてもおすすめな一台です。

 

当社では、今回のような、グリルの交換はもちろん、ボディキットなどの取り付けも承っておりますので、是非お問い合わせください。

SHOWROOMでお待ちしております。

 

 

 


岬生ブログ🚗💨Mercedes-Benz G 350d

こんにちわ!田中岬生です!

 

何日かブログ更新できなくてすみません。

お客様に楽しみにしていただいてるとの、お声を頂いたので気合入れて頑張ります!

自分の書いてるブログがお客様に少しでも読んでいただけているのがすごく嬉しかったです。

 

さて今日は、Mercedes-Benz G 350dのグリルをG63のパナメリカーナグリルへの交換のご依頼の紹介です。

元々Mercedes-Benz G 350dのグリルは横にフレームが入っていますが、G63のグリルは縦にフレームが入っていますので、見た目のイメージチェンジになると思います。

このように、G 350dには三本の横フレームが入っています。

今までのG classの見た目を引き継ぎつつ新しくなったこのグリルもG classらしくかっこいいのは間違えないですが、

G 63の現行に初めて装着された「パナメリカーナ グリル」が今熱いです。

「パナメリカーナ グリル」のルーツは1959年に行なわれた伝説の公道レース「カレラ・パナメリカーナ・メヒコ」で優勝した

300SLレーシングモデルのグリルに装着されていたのがこの縦フィンだったのでそのデザインはメルセデス最強モデルの証として

デザインに採用されたみたいです。

300SLレーシングモデルがこれです。

こんな余談は置いておいて、G classのグリル交換の工程を少しだけご紹介いたします。

タイヤハウスのライナー、オーバーフェンダー、バンパーを外してからグリルが外れるのでこんな感じです。

ヘッドライト回りのビスは見えないところにあるので落とさないように細心の注意を払います。

こんな感じです。

明日、「パナメリカーナ グリル」を取り付けします。

 

完成形を明日のブログでアップしますので、楽しみにしていただけると嬉しいです。


DankのMATSUブログ🎵Mercedes Benz G63 AMG

みなさんこんばんは~MATSUです٩( ”ω” )و✨

本日は毎度おなじみ東京都IS様より入れ替えで新車のAMG G63をご契約頂きました(●´ω`●)🎶
いつもありがとうございますm(__)m

とりあえず先に作業させていただきました内容が、TVキャンセラーの取り付けにGPSレーダーです(*´▽`*)👍
毎度おなじみの定番メニューですねヾ(≧▽≦)ノ

さてまずはTVキャンセラーの取り付けからです(^^♪
いようするのはこちら✋
インタープランさんのTVキャンセラーになります(●´ω`●)✨
こちらの商品は汎用性が高く各メーカーでの使用が可能です٩( ”ω” )و
しかも新型車種へのマッチングデータも早いです(`・ω・´)ゞ

NEOさんは現行のGクラスの作業はかなりの台数をこなしているので慣れた手つきでばらしてました(*´▽`*)👍
見ての通りセンターコンソールごっそり💦
室内から出す作業がやっぱり一番気を使いますね(゚д゚)!
コンソールの角で内装のレザーを傷付けてしまったら大変ですからね‼

TVキャンセラーを付け終わったらお次はこちら👋
指定店モデルの最新機種のZ110Lの取り付けです٩( ”ω” )و
裏にレーザー受光部が付いているのがお判りでしょうか❔
このレンズが新型光オービス(レーザー式移動オービス)に対応機種になります٩( ”ω” )و
取り締まりも年々厳しくなり新しい方法が出てくるのでレーダーも大変ですね💦
取り付けに関しても正面を向いていないといけないとか取り付け制限が多少あります(;´∀`)
Gクラスのようにダッシュ上であればあまり問題ありませんね(´▽`*)✨
取り付け後にオープニング画面をAMGに変更し今回の作業は終了です(*´▽`*)👍
登録までの間にコーティング作業などさせていただいて納車となります٩( ”ω” )و🎶
もうしばらくお待ちください(´▽`*)✨

今日はここまで~
それではまた~( ´Д`)ノ~バイバイ


AMG GTCコンバーチブル カスタム完成

こんにちは!

本日ご紹介の車両は埼玉県A様のAMG GTCコンバーチブル

前回に引き続き第2段!!

今回は特注ホイール&特注マフラー制作です。

マフラーは可変バルブ付き!

第2キャタもストレート

さすがAMG。ボディ下部の補強もカーボンです!

アンダーカバーを取り付けると隠れてしまうのが残念ですが...

音量も程好く仕上がりました!

 

そしてホイールは当社としては珍しいBCフォージド

フロント20インチ、リア21インチで制作

ポリッシュ仕上げステップリム

グロスガンメタルディスク

インナーブラックリム

ピアスボルトブラック

とA様拘り仕様です。

画像では分かり辛いですがオフセットもパッツパツです。

リアは12.5Jで325タイヤをやや寝かせて装着。

バッチリカッコ良くなりましたね。

 

いつも当社をごりよういただきありがとうございます。

第3段のカスタムも是非お待ちしております。