岬生ブログ🚗💨Porsche GT3

こんにちは!田中岬生です!

最近ふと気づいたのですが、もうコロナウイルスが流行し始めてから一年以上経っているのかと。。

初めのころは、日に日に増えていく一日の感染者数に危機感というか、気を付ければならないという

気持ちがありましたが今ではコロナウイルスに対しての危機感が薄れてきている気がします。

またマスクをせずとも友達や家族と遊んだりコミュニケーションを取れる世の中を取り戻すためにも、

今は感染予防対策をしっかりして気を改めて引き締めていきたいと思いました。

 

 

今日は、Porsche GT3の車検整備&バルブコントローラーの取り付けについて紹介していきます。

まず車検です。

年度末ということもあってか、混みこみです。

マイアミブルーのPorscheむっちゃかっこいいです。

すっきりしつつ、程よい派手さが絶妙だと思います。次自分の車をオールペンするなら、この色ですね。

エンジン番号の打刻が見えないと言われ、アンダーカバーを外して来いと。。。

リフトにかけ外そうとしていると隙間から、打刻がちらっと。。見えるじゃんかよ。。。

検査員に二度手間取らされました、、まぁその場で自分が打刻の位置を把握できてればいい話なんですが。

自分の勉強不足でした。

そんなこんなで車検を無事通過し、工場に戻り今度はバルブコントローラーの取り付けです。

エンジンルームがこれだけしかないのでかなり苦戦。。。

室内に配線を引くのもこの屈強なロールバーが行く手を阻んできます。

そんなロールバーの猛攻も何のその、エンジンルームの上側の穴から室内に配線を引いていきます。

取り付け終わりました。

すみません、写真が三枚しか取れなかったです。作業に夢中になっているとつい忘れてしまいます。。

 

ということで今回は、こんな感じで淡々と作業を完了させました。

車検もカスタムも承っておりますので、ぜひご連絡ください!

今回はこの辺りで失礼します。

 

 

 


岬生ブログ🚗💨Rolls-Royce Ghost

こんにちは!田中岬生です!

この頃、空気が乾燥していて朝起きると喉がガサガサです。。

洗濯物を部屋に干したり、加湿器とかかけてるんですが、エアコンと冬の乾燥で気休めです。。

 

今回は、入庫している車両のご紹介をさせて頂きます。

「Rolls-Royce Ghost 」になります。

こちらの車両はお色はブラックメタリックになります。

ボンネットはラッピングでシルバーになっております。

Rolls-Royceお馴染みのコーチラインと同じ色なのでパキッと統一感が出ます。

ラッピングと言われて本当なのかと疑ってしまうほどきれいな仕上がりになっています。

角までとても綺麗に、施工されています。

コーチラインはよく見るとわかるのですがメタリックのシルバーで引かれています。

ただのソリッドシルバーじゃないところを見ると流石Rolls-Royce。細かい。

余談ですが、このラインは職人の手により、筆一本で引かれていて筆の毛はリスの尻尾の毛が使われているみたいです。

MANSORY22インチホイールを履いています。

お決まりになりつつありますが、安定のかっこよさです。デザインといい、色といい、このGhostにばっちりです。

車高も低すぎずほどいいくらいのローダウンが施されています。

内装は真っ白!!というほどでもないですが、白がベースになっています。

白すぎない温かみのある白で乗っていても、心地がいいと思います。

Rolls-Royceのロゴが刺繍されています。

オプション装備となっています、小さなオプションですが見た目に大きく印象が変わります。

シアターコンフィグレーションも装着されていてロングドライブも後部座席で退屈、なんて心配もありません。

メーター回りもピアノのような綺麗な質感で高級感があります。

ラムズウールフロアマットがついています。

思わず素足で乗りたくなるほど、ふわふわしていて足裏がとても幸せです。

サンルーフもついていて解放感もとてもいいと思います。

自分はサンルーフを開けて走るときのウィンドーを開けて走るときとは違った風の入り具合がとても好きです。

 

自分も一度は乗ってみたいなと思う車です。思ってるだけです。。。

こんな車が乗れるほど稼ぎたいです。頑張ります!!

 

今日はこの辺りで失礼します!


岬生ブログ🚗💨Bentley Flying Spur First Edition

こんにちは!田中岬生です!

今日、年始から通っていた教習所で卒検があり、無事受かりました。一安心でした。

しばらく練習をしてからになると思いますが、もしご納車お引取りなどの際、機会がありましたら

宜しくお願い致します。

 

今日も入庫してきました車両をご紹介していきたいと思います。

今回の車両は、Bentley Flying Spur First Editionです。

外装のカラーは、「Damson」という色で、ダムソンといい日本語に訳すと「プラム」という

意味みたいです。

流石、英国って感じです、自分だったらナスとかブドウって色名にしちゃいそうです。。

それだと、お洒落のかけらもないですからね。。

とても綺麗でいい色というのは間違いないのですが。

この色は、夜と昼間では全く違った別の顔を見せてくれそうです。

このフライングスパーで最も驚いたのはこのヘッドライトの造りこみです。

中のリフレクターのようなものが精密にカットされていてライトを点灯せずとも常に輝きを放っています。

高級ホテルのロビーにぶら下がっていてもおかしくないです。。。これは言いすぎですね。

このヘッドライトは「マリナーパッケージ」を選択すると装着されています。

Bentleyではマリナーパッケージとよく耳にしますが、マリナーとは何なのか、気になります。

マリナーとはベントレーの本社における注文制作部門に名称で、450年の歴史を持つボディ製造工房の

「H.Jマリナー」を筆頭とするマリナーファミリーを示しているらしいです。

ずっと気になっていたので,すっきりしました。

センターコンソールのつまみやエアコンの吹き出し口の周りがダイヤモンドナーリング加工されていて、

エレガントな雰囲気を醸し出しています。

この加工はとても難しいようで、建築業界で一般的に使用されている最先端のデザインソフトウェアを

初めて自動車の分野で使用し、完成させたということです。

当初、20を超える世界有数のパーツメーカーから「この加工は無理だ」と言われてたみたいです。

見る角度によってこのカットの見え方が変わってくるのがとても面白いです。

First Edition にしか装着されないスカッフプレート、イギリスの国旗をモチーフにしたマークが入っています。

外装の色ととてもよく合っているベージュ系の色でとても柔らかな質感になっています。

外装の色など実際に見る色と写真では違う部分が少なからずあると思うので、実際に見ていただきたいです。

 

是非気になった方がいらっしゃいましたらご連絡ください。

こちらの車両は麻布店に展示しております。

 

今日はこの辺りで失礼いたします。

 

 

 

 


岬生ブログ🚗💨TOYOTA ALPHRD Executive lounge

こんにちは!田中岬生です!

今日夕方から雪がちらほら降ってきて、激寒です。

できれば積もらないでくれと、願うばかりです。

スノボーは山でできればいいです、自宅前ではしたくないです。

 

今日ご紹介するのは、IS様にご購入いただいた、TOYOTA ALPHRD Executive loungeです。

新車でご購入頂きました。ありがとうございます。

では、ご紹介させて頂きます。

こちらのアルファードはV6 エンジンのモデルで大きな車体にもかかわらず、ストレスのない加速、巡航が

可能になっています。

新しいアルファードはかっこいいです。

見た目以前に使い勝手が何よりも100点。

車内も広く、運転していても圧迫感を感じられないです。

ハンドルもスムーズに、大きい車にしては軽く回せる印象でした。

現行モデルのカーナビは一回り大きくなっていて、操作もしやすくカーナビ起動時など運転中にみる場合も

とても見やすいと思います。

写真ではそれほど大きく見えないかもしれませんが、センターコンソールにカーナビがドーンって

イメージです。

フランクセンという内装のカラーです。

明るいカラーなので室内の雰囲気も明るくなります。

ですが、ホワイトと違い、ベージュ系なので柔らかみがあり落ち着いています。

後部座席は飛行機のファーストクラスをイメージさせるのでしょうか。

ファーストクラス乗ったことがないのでわかりませんが。。。

いつか乗れたらアルファードの後部座席と比較してみることにします。

一般のモデルと比較すると座席の幅は10センチほど広くなってるようです。

大柄な方でもゆったりと座れるかと思います。

Executivelounge には三眼プロジェクターが標準装備されていて、ヘッドライト点灯時には

暗闇の走行時の視界の確保と高級感が得られます。

最後にこちら、Executive loungeのロゴです。

当然上級クラスのExecutive loungeにしかエンブレムはつきません。

たまに、走っているのを見ると「おっ、Executiveだ。」ってなりますね。

使い勝手、乗り心地、などなど総合的に見ても非常にバランスの取れた車だと思います。

 

普段使いにも、旅行などにも万能に使えるのでご興味のある方、ご検討いかがでしょうか。

 


岬生ブログ🚗💨Dodge challenger SRT HELLCAT RED EYE

こんにちは!田中岬生です!

今週末は雪予報のようで、相当寒くなるみたいです。

雪が降った後の路面凍結が怖いです。

ガッチガチの凸凹になりますからね。。

 

今日ご紹介するお車は、Dodge challenger SRT HELLCAT RED EYEです。

長い車名ですみません。。この車は数多くのグレードや仕様があるため長い名前になってしまいます。

この写真一枚からでもわかりますが、「ゴツイ!!!」

もうパワーが滲み出ています。

通常のチャレンジャーより大きくはみ出たオーバーフェンダーで305/35のタイヤも

余裕で飲み込んでしまいます。

この太さのタイヤを前後とも履いてるのだから驚きです。

ブレーキはブレンボ製のキャリパーがつけられています。

これだけのモンスターマシンを止めるのに最適かもしれません。

SRTのロゴにヘルキャット「HELLCAT」のマークかっこいいです。

特別感が堪らないです。

HELLCAT RED EYEというだけあって、サイドのマークには赤い目があしらわれています。

細かいところまで細工がされていてとても興味深いですね。

純正でダックテールが装着されています。

純正形状なのでド派手感もなく、オリジナルな見た目を保ちつつ機能性も持たせ、

バランスが取れています。

ボンネットには、ダクトが二つ付いています。

一般的なモデルは一つなので、HELLCATならではの優越感があると思います。

二つあるヘッドライトの内側は、イカリングの中がダクトになっていて目立たないような

工夫がされています。

ライト点灯時はこんな感じです。

チャレンジャーは、1960年に発売されてから新しいモデルに進化を続けてもこの雰囲気を守ってきている、

伝統を引き継ぎ続けているというのが、自分は好きです。

細部まで拘り抜かれています。

内装はとても落ち着いていて、797馬力のじゃじゃ馬にはとても見えません。

オーディオなども充実していて、迫力の低音に驚きました。

ボンネットを開けるとこの迫力。

ベルトの太さが尋常じゃなく太いです。パワーが感じられます。

Supercharged HEMI!!!!!!!

ここから暴力的なパワーが生み出されるわけです。

 6200cc+Supercharger 797馬力
自分にはとても扱えるとは思えません。。。
扱えるような、腕の持ち主になりたいです。
我こそはという方に、おすすめしたい一台です。
お問合せお待ちしております。
それでは今日はこの辺りで失礼します。