岬生ブログ アヴェンタドールSV

こんにちは!

田中岬生です!長期間ブログを書くことを怠っていたので、再開しました、、、

サボっていてすみません。。。

気づいていただいてる方もいるかと思いますが、今年の二月からNEO WORKSさんのほうで、つなぎを着て整備の手伝いをさせてもらっています!

なので、今後のブログは整備や点検の作業内容を書かせて頂くことが多くなると思いますが、

整備をしているからこその気づいた点や普段見れない場所の紹介などしていきたいと思います。

少しでも楽しんで頂けると嬉しいです。

 

さて今回は、早速ではありますが、ランボルギーニ アヴェンタドールSVのオイル交換のご紹介です。

まず、エンジンフードを開けたところのオイルフィラーキャップを開けます。引き抜くだけですが、、、

そしてリフトアップ後、スーパーカー特有のでっかいアンダーパネルを外します。

その後、オイルエレメントを緩めます。外さず少し緩めるだけにしておく、、、ここが重要なんです。

この後、ドレンを前から緩めていきます。四箇所あるんですドレンが、、、

前の三つを緩めたら、エレメントの下部に穴を開け、フィルター内に残っているオイルを抜きます。

ここでエレメントを外します。

最後、アヴェンタドールはドライサンプなのでオイルタンクから大量のオイルを抜いて抜きの作業は終了です。

 

抜き終わり次第、組みつけていきます。

アルミのオイルパンなので締め付けトルクには十分に注意します。

オイルを注入する際も、まず8Lいれ、軽くエンジンをかけ、各部にいきわたらせてから残りのオイルを調整していきます。

ここからが一番気合が必要です。

フェラーリなどもそうですが、オイルが温まった状態でオイル量を調整しなければいけません。

冷えている状態でレベルゲージいっぱいまで入れると温まった時多すぎてしまうので0.2~0.5Lずつ入れていき調整します。

油温が90℃くらいを目安にオイル量を測ります。

びったり適量にあわせるのに少し時間を要します。お待ちいただいての作業の際はお気をつけください。

 

オイル交換随時承っておりますので、ぜひご連絡ください。

お待ちしております。

 

では今日はこの辺りで失礼します。


岬生ブログ🚗💨Mercedes Benz G63

こんにちは!田中岬生です!

最近はとても過ごしやすい季節になってきました。

日中は夏をちらつかせるほど暖かい日もあるくらいです。

花粉さえ気にしなければ、窓を開けてドライブも最適です。

自分の地元なんかは、田舎なので山の新緑が綺麗でたまーに戻りたくなります。

 

さて今日は、Mercedes Benz G63のカスタムをご紹介いたします。

大まかな内容として、「ローダウン」「スペーサー取り付け」「各所ブラックアウト」です。

外観はこんな感じです。

やはり車高が下がったことにより、イメージが大きく変わえります。

大体40mmくらいダウンです、だいぶ印象が変わりますね。

よりスポーティなイメージになります。

40mmの差というのは想像より大きいです。

スペーサーを入れたことにより、バッチリホイールのツラが決まっています。

ブラックアウトの方は、グリルのメッキ部分

バンパーのメッキ部分

スペアタイヤカバーのメッキ部分

 

バンパー下のシルバー部分

リアバンパーのメッキ部分

全体的にこんな感じです。

モノトーンで全体的にまとまりが出てとてもかっこいいと思います。

今回のカスタムには関係ないですが、モノトーンの車体に赤キャリパーがとても映えていてお洒落だと思いました。

 

ゲレンデのように大きな車体だとモノトーンでも存在感を感じます。

ローダウンをしていると、さらにドンとした印象です。バックミラーに迫ってきたら、間違いなく秒でよけます。。

 

このようにゲレンデの多くのカスタムを承っていますので、是非お問合せ下さい。

お待ちしております。

それではこの辺りで失礼します。

 

 

 

 


岬生ブログ🚗💨Lamborghini Aventador タイヤ交換

こんにちは!田中岬生です!

暖かくなってきたので、もう雪降らないだろうということで代車のスタッドレスをサマータイヤに

ほとんど変えました!

自分の練習台として指導の下交換しました。

流石に、三台分変えると疲れますね。。

でも完璧に組み終えました。お客様にも快適に使っていただけるかと思います。

 

さて、今回はLamborghini AVENTADOR のタイヤ交換をさせていただきましたので、ご紹介いたします。

前回ご来店いただいた際に、タイヤの溝が少ないということに気づき今回ご来店頂きました。

ありがとうございます。

ミラーポリッシュのディスクにハイポリッシュのリムのHyperForgedのホイールです。

あまり見たことない組み合わせだったのですが、ボディカラーとかなりよく合っていて、

とても刺激になりました。

今回ご購入頂きましたタイヤは、サイズ・銘柄ともに以前と変更なく「Pirelli P-ZERO PZ4」です。

外すとさらによくわかる、この太さ、、、、激太。

AVENTADORの車重、トルク、スピードの激しさを物語っています。

リバースリムなので、表面を機械でチャックし、タイヤの脱着をします。

見える方ですし、細心の注意を払いながら、進めていきます。

当然のことながら、自分が交換したプリウスのタイヤ交換とはタイヤの太さも扁平も違うわけですし、

こういったタイヤホイールは先輩の方にやってもらいます。。。

スピードが出る車なので、しっかりとバランスを取ります。

自分たちの思ってる以上にホイールは高速回転しています。

バランスが取れていないと、ハンドルのがたつきなどに繋がるので、ドライブ中の不安要素になって

しまうので、徹底排除します。

こんな具合で、タイヤ交換をしています。

愛車のタイヤ交換の際はどんなお車のタイヤも一度はご相談ください。大きいサイズのホイールなども

対応しています。

是非ご検討ください!!

 

今日はこの辺りで失礼します。


岬生ブログ🚗💨Mercedes Benz G class 

こんにちは!田中岬生です!

暖かくなり始めて、桜が咲いてきました。

少しだけ、ふらっと見に行ってきましたがとても綺麗でした。

花見などもみんなでしたいなと思いましたが、今年は無理そうです。

コロナが憎くて仕方ないですね。

 

さて今回のブログはMercedes Benz G classのローダウンについてです。

ローダウンする前から、いろんな方にバネ交換大変だぞーーと脅されていたので

どんなものかと思って作業に取り掛かると、、

めっちゃ大変!!!

でした。。特にフロント。。。。

では、紹介していきます。

まずは、傷つかないように養生します。

下からも、上からも作業があるので最大限の注意を払います。

どうしても、作業の際お腹などが当たってしまうところは養生二枚張り。

 

アッパーアーム、ナックルアーム、ドライブシャフトまで外します。

ドライブシャフトを止めてるネジが固くてなかなか取れないんです。

ヒートガンで暖めてから、でかいレンチを使って、ようやくとれるって感じです。

 

ショックが上側に結構刺さっているので、かなり下にアーム類を下げつつ外すんですが、ドライブシャフト

がめっちゃ邪魔してきます。

スプリングコンプレッサーを使って、バネを縮めアッパーマウントを外します。

やはり重い車重を支えるため、バネレートが固いです。

コンプレッサーか壊れたら恐怖だなと思いました。

 

無事交換できました、そして取り付けしました。

次にリアです。

リアは外すものは少なくフロントに比べたら簡単でした。

ただ気を付けることが多いですね。

ショック外して、アームがフリーにし少しずつ車体を上げていきます。

ブレーキホースが引っ張られないようにしないといけないので、慎重に。。。

ある程度のところまでいけば、あとは腕力です。

バネ縮めながら、台座から外します。

そして車高はこんな感じ。

程よい。。。絶妙です。。

40mmくらい下がっています。

オフロード車なイメージを残しつつ、ストリートにも溶け込める。

そういった感じでしょうか。

 

これからもう一台ローダウンのご依頼が入っているので、これから流行るのではないかと思います。

興味のある方はお問い合わせください。お待ちしております。

 

では今日はこの辺りで失礼いたします。


岬生ブログ🚗💨Mercedes Benz C63S Cabriolet

こんにちは!田中岬生です!

最近は朝、夜ともに凍えるような寒さの日は少なくなってきて、春が

近づいているんだと感じられます。

それだけでなく、花粉も。。。春の訪れを感じさせますね。。。

普通につらい、、、目も鼻もきついです。。

そんな、しょぼしょぼの目でブログ更新していきます!!!

 

さて今回は、Mercedes Benz C63S Cabrioletの在庫車両の紹介です!

走行距離が驚きの90キロ。ほぼ新車ですね。

カラーがヒヤシンスレッドとあまり聞きなれない色かと思います。

ヒヤシンスの水栽培セット:ジャンボス(赤)とガラスポットショート:球根 『園芸ネット』本店 通販 engei.net

これが実際のヒヤシンス。んー、比較するとすごい似てる!!ってわけでもないですね。

ニュアンスの話なんでしょうか。

感覚的に行くと、個人的には鮮やかにしたワインレッドといったところでしょうか。

赤キャリパーがとても赤のボディと合っています。色の入っているキャリパーはかっこいいですね。

カブリオレってのが最高にいいですね。

ここでオープンカーのことをカブリオレって言ったり、ロードスターと言ったり。

なんの違いなんだろうと、それは国によって違うみたいで、アメリカではコンバーチブル、イギリスではロードスターもしくはドロップヘッドクーペ、

フランスやドイツではカブリオレ・カブリオレットやカブリオと呼ばれているみたいです。

C63S 欲しいですね。

乗ってて、むちゃくちゃ楽しそうですし、かっこいいし、速いし。

文句なしです。

あっ。ちょっと後部座席が狭いかもしれないです。

でも全く乗れないわけではありません。

ちょっと窮屈だなーって感じなだけで、これほんとに四人乗りなんかよ。。。。って車もありますからね。

そういうわけではないです。

内装は、落ち着いた雰囲気で、センターコンソールのウッドもいい質感です。

ナビのモニターも前型のものより大きくなっています。

見やすくなり、バランス的にもきれいです。

パナメリカーナグリルもついていて、フロントから見るインパクトは絶大です。

 

このほかにも、見どころがたくさんある車なので是非、実際見に来ていただけると嬉しいです。

今日はこの辺で失礼します。